メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

加賀市が追加認定 ポルトガルのホストタウン /石川

 2020年東京五輪・パラリンピックに参加する海外の選手らと自治体の交流を促進するホストタウン構想で、加賀市がポルトガルの相手国になった。政府が28日にホストタウンの第11次登録として追加認定を公表したもので、県内では金沢市、県と小松市(共同)に続き3件目になる。

 加賀市とポルトガルは16年以降、特に柔…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文316文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです