メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

サーフィン入場料、漂流 波任せの無料文化 値付け難航

サーフィンの大会で海岸で観戦する大勢の観客=千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で2017年5月28日、竹内紀臣撮影

 2020年東京五輪新競技、サーフィンの入場券価格の調整が難航している。競技は波に左右されるため順延も多いうえに、独自に発展してきた観戦スタイルが五輪の文化と異なっているためだ。来春の入場券の販売開始に向け、他の32競技の価格は7月に公表されたが、サーフィンだけが固まっていない。

 もともとサーフィン観戦に入場券は必要ない。波に合わせて海を移動する選手の動きとともに、自由に海岸を歩き回りながら観戦するのが魅力だった。国際大会では音楽ライブや飲食ブース、ヨガの体験コーナーなどが並ぶフェスティバルも同時に開催される。波が立たずに競技が中断しても、観客は海岸沿いでお祭りを満喫できる文化が根付いている。

 しかし、五輪ではセキュリティーなどの観点から他競技と同様、入場券を設けることが決まった。観客席に対…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです