メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から 新時代のオリンピアン 夢に向かって猪突猛進(その2止) /秋田

ダイナミックな登攀を スポーツクライミング・菅原一柊さん(飯島中3年)

 滑り止めのチョークを手になじませ、カラフルな「ホールド」に手足をかければ、細身の体を目いっぱいに躍動させ、あっという間に壁を登り切る。長い腕を武器に、夢の五輪出場に向け汗を流す。

 小学5年のとき、秋田市内の体験教室に参加し競技に触れた。難コースを登り切る達成感に夢中になった。年下の女児が自分より速く登っていく姿を見て「もっとうまくなりたい」と、火が付いた。

 菅原さんの武器は遠いホールドにも届く長い腕。身長170センチで体重56キロとスリムな体格も競技向き…

この記事は有料記事です。

残り1514文字(全文1779文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです