メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から 新時代のオリンピアン 夢に向かって猪突猛進(その2止) /秋田

ダイナミックな登攀を スポーツクライミング・菅原一柊さん(飯島中3年)

 滑り止めのチョークを手になじませ、カラフルな「ホールド」に手足をかければ、細身の体を目いっぱいに躍動させ、あっという間に壁を登り切る。長い腕を武器に、夢の五輪出場に向け汗を流す。

 小学5年のとき、秋田市内の体験教室に参加し競技に触れた。難コースを登り切る達成感に夢中になった。年下の女児が自分より速く登っていく姿を見て「もっとうまくなりたい」と、火が付いた。

 菅原さんの武器は遠いホールドにも届く長い腕。身長170センチで体重56キロとスリムな体格も競技向き…

この記事は有料記事です。

残り1514文字(全文1779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです