メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から 新時代のオリンピアン 夢に向かって猪突猛進 県体育協会・斉藤譲専務理事 /秋田

「スポーツ王国」復活へ 取り組み結実

 2007(平成19)年に「秋田わか杉国体」が開催され、その後サッカーとバスケットボールのプロチームが誕生し、県内でもハイレベルなプロスポーツが観戦できるようになりました。記憶に新しいのが昨夏の金足農高野球部の甲子園準優勝です。勝ち進むごとに県全体の応援ムードが高まり、秋田の人々が明るくなりました。スポーツの力を感じました。

 昭和の時代に全盛期を迎えたバスケットボールや、野球、レスリングなどは、平成に入りしばらく結果が振る…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです