メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から 新時代のオリンピアン 夢に向かって猪突猛進 県体育協会・斉藤譲専務理事 /秋田

「スポーツ王国」復活へ 取り組み結実

 2007(平成19)年に「秋田わか杉国体」が開催され、その後サッカーとバスケットボールのプロチームが誕生し、県内でもハイレベルなプロスポーツが観戦できるようになりました。記憶に新しいのが昨夏の金足農高野球部の甲子園準優勝です。勝ち進むごとに県全体の応援ムードが高まり、秋田の人々が明るくなりました。スポーツの力を感じました。

 昭和の時代に全盛期を迎えたバスケットボールや、野球、レスリングなどは、平成に入りしばらく結果が振る…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文521文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです