メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

3大会ぶり復活、金へ勝負の年 野球 稲葉篤紀・代表監督、ソフトボール 宇津木麗華・代表監督に聞く

新年への抱負を語る野球日本代表の稲葉篤紀監督=東京都港区で2018年12月19日、長谷川直亮撮影

 <東京五輪まであと570日>

 2020年東京五輪の開幕が来年7月に迫った。野球とソフトボールが08年北京五輪以来3大会ぶりに実施される。復活を果たす夢舞台での金メダル獲得へ--。準備を進める野球日本代表の稲葉篤紀監督(46)とソフトボール日本代表の宇津木麗華監督(55)に、新年に懸ける思いを聞いた。【聞き手・細谷拓海】

この記事は有料記事です。

残り2316文字(全文2477文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです