メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高橋陽一さんブラインドサッカーに注目「東京パラへの歩み追いかけたい」

漫画家の高橋陽一さん=東京都葛飾区で2018年12月19日、和田大典撮影

 人気サッカー漫画「キャプテン翼」の作者、高橋陽一さん(58)は昨年11月、視覚障害者らの「ブラインドサッカー」を題材に新作を発表した。2020年夏の東京五輪・パラリンピックに向け「作品をきっかけに一人でも多くの人がブラインドサッカーに興味を持ち、試合を見に行ってほしい」と期待する。

 新作のタイトルは「ブラサカブラボー」。集英社が発行するムック「パラリンピックジャンプVOL.2」に第1話が掲載された。

 サッカー好きの高橋さんは10年ほど前に初めて試合を見て「面白い」と興味を持った。新作を描くにあたっ…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1342文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです