メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外警官襲撃事件で都内30代男の逮捕状請求へ 大阪府警

JOC会長不正疑惑 関係者「なぜこのタイミング」「意趣返し」の声も

JOCの竹田恒和会長=東京都渋谷区のJOCで2018年5月、藤井太郎撮影

 JOCの竹田恒和会長を容疑者とするフランス司法当局の捜査に対し、日本政府や東京五輪を担当する関係者は戸惑いを隠さない。日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の事件と関連づけた見方すら出ている。

 東京五輪に携わる政府関係者は「竹田さんの捜査は2年も前からやっていたわけで、この期に及んでというのは(ゴーン事件の)意趣返しではないか」と推測した。

 同様に五輪準備を進める東京都幹部の一人は仏当局の捜査について「東京大会に与えるイメージは最悪。なぜ…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文435文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」未配備だった 容疑者、拳銃の取り扱いに精通か 交番襲撃

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです