メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

レジェンド土田、最後のパラ(その1) みんなの力証明する

2連覇を果たしたパラトライアスロンの世界シリーズ横浜大会で、最後のランを終えて笑顔でフィニッシュする土田和歌子=横浜市で2018年5月12日、宮武祐希撮影

 二つの影が、重なった。

 昨年9月、相模湾に面した神奈川県葉山町の海岸。2020年東京夏季パラリンピックのトライアスロンで金メダルを目指す土田和歌子(44)=八千代工業=は、夫でコーチの高橋慶樹(けいじゅ)さん(45)と、課題であるスイムの練習に訪れた。近くの旅館でウエットスーツ姿になった土田は、砂浜にさしかかると、車いすを止めた。それ以上は車輪が沈んで進めない。寄り添う高橋コーチが前に回り込み、ひざをつく。土田はその背中に乗り移り、波打ち際まで進んだ。季節外れの海岸は静かで、波と海風の音だけが聞こえた。

 土田は日本勢で唯一、パラリンピックの冬季と夏季の両大会で計3個の金メダルを獲得している。1998年…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです