メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

パラ・土田和歌子の挑戦 東京で大輪、二人三脚

 二つの影が、重なった。

 昨年9月、神奈川県葉山町の海岸。2020年東京夏季パラリンピックのトライアスロンで金メダルを目指す土田和歌子(44)=八千代工業=は、夫でコーチの高橋慶樹(けいじゅ)さん(45)と、課題であるスイムの練習に訪れた。近くの旅館でウエットスーツ姿になった土田は、砂浜にさしかかると、車いすを止めた。寄り添う高橋コーチが前に回り込み、ひざをつく。土田は背中に乗り移り波打ち際まで進んだ。季節外れの海岸は、波と海風の音だけが聞こえた。

 土田は日本勢で唯一パラリンピックの冬季と夏季の両大会で計3個の金メダルを獲得。1998年長野冬季大…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです