メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツ最前線 体格差、速攻で補え メンタル強化に日記 車いすバスケ

リオデジャネイロ・パラリンピックのカナダ戦で攻め上がる車いすバスケットボール日本代表の(左から)藤本、香西宏昭、千脇貢=2016年、徳野仁子撮影

 2020年東京パラリンピック開幕まで600日を切った。年々向上する世界の競技レベルに対応しつつ、認知度アップによる底辺拡大をどう図るか。各競技の現状を探る新コーナー「パラスポーツ最前線」の第1回は、車いすバスケットボールに焦点を当てた。【芳賀竜也】

 コートの広さは健常者のバスケットボールと同じで、得点方法などのルールも変わらない。そんな分かりやすさも手伝ってか、車いすバスケットボールの認知度の高さは際立っている。

 17年9月に東京都が18歳以上の都民を対象に実施した障害者スポーツなどに関する世論調査(回答数19…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1348文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです