メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツ最前線 体格差、速攻で補え メンタル強化に日記 車いすバスケ

リオデジャネイロ・パラリンピックのカナダ戦で攻め上がる車いすバスケットボール日本代表の(左から)藤本、香西宏昭、千脇貢=2016年、徳野仁子撮影

 2020年東京パラリンピック開幕まで600日を切った。年々向上する世界の競技レベルに対応しつつ、認知度アップによる底辺拡大をどう図るか。各競技の現状を探る新コーナー「パラスポーツ最前線」の第1回は、車いすバスケットボールに焦点を当てた。【芳賀竜也】

 コートの広さは健常者のバスケットボールと同じで、得点方法などのルールも変わらない。そんな分かりやすさも手伝ってか、車いすバスケットボールの認知度の高さは際立っている。

 17年9月に東京都が18歳以上の都民を対象に実施した障害者スポーツなどに関する世論調査(回答数19…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです