メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 未来にワクワク=越智貴雄

大好きなバイクにまたがり、バーベルを挙げる樋口健太郎。競技はあおむけの姿勢で行う=写真家・越智貴雄さん撮影

 インパクトのある出会いだった。2017年12月、国内最高峰のパラ・パワーリフティング大会である全日本選手権。ある選手の場内アナウンスに会場がざわついた。「この選手、病院からきました」

 大会の3カ月前にバイクで高速道路を走行中、後方の車に衝突され、大腿(だいたい)部を切断して入院中だった樋口健太郎。病院の許可を得て男子72キロ級に出場し、136キロを挙げて金メダルを獲得したのだ。退院してからも記録を伸ばし続け、昨年10月のアジアパラ大会では171キロと日本記録を更新した。

 競技を始めたきっかけを尋ねると、「脚を切った時、何かやろうと思って、すぐに東京パラリンピック出場を…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです