メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

招致疑惑 「大会は粛々と準備」 都、独自調査なく静観 /東京

 2020年東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑が再び浮上した。日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は15日、記者会見をして疑惑を否定したが、開催まで1年半を切ろうとする中、関係者からは大会準備への影響を懸念する声が上がった。【森健太郎、竹内良和】

 小池百合子知事は竹田氏の会見後、庁内で報道陣の取材に応じ「大会については粛々と準備を重ねたい」と話した。大会を巡るイメージダウンの払拭(ふっしょく)については「(五輪の)盛り上げの中で、この課題は重いかと思う。JOC…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです