メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2019

五輪招致疑惑 竹田JOC会長 会見7分、質問受けず あと1年半、影響懸念

竹田恒和会長の記者会見での主な発言内容=藤井達也撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑で、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が15日、改めて潔白を主張した。ただ質疑を受けずに7分で記者会見を切り上げる苦渋の対応となり、混乱は収束しそうにない。フランス司法当局の捜査が長期化すると専門家は予想しており、国際オリンピック委員会(IOC)から「優等生」とされてきた「東京」が開幕を翌年に控えて火種を抱えた形だ。

 用意した文章を一気に読み上げると、「捜査中」を理由に質疑に応じなかった竹田氏は会見場を足早に立ち去…

この記事は有料記事です。

残り1812文字(全文2058文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. 「県民優先、上田県政継承」で伸び悩み克服 大野氏 埼玉知事選初当選

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです