メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

五輪招致疑惑 JOC会長、潔白主張 会見7分、逆効果

 2020年東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑で、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が15日、改めて潔白を主張した。ただ質疑を受けずに7分で記者会見を切り上げる苦渋の対応となり、混乱は収束しそうにない。フランス司法当局の捜査が長期化すると専門家は予想しており、国際オリンピック委員会(IOC)から「優等生」とされてきた「東京」が開幕を翌年に控えて火種を抱えた形だ。

この記事は有料記事です。

残り1838文字(全文2034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです