メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

招致疑惑 コンサル元代表有罪 虚偽説明 シンガポール地裁判決

 【シンガポール共同】シンガポール地裁は16日、同国汚職捜査局に虚偽の説明をした罪で、2020年の東京五輪招致で招致委員会が契約していたコンサルタント会社ブラックタイディングス社(BT社)の元代表タン・トンハン被告(36)に対し、禁錮1週間の有罪判決を言い渡した。

 BT社は13年に東京五輪招致委員会と総額2…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです