メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

GoodCoach・2020への歩み 「マイウエー」7割貫く 朴柱奉 バドミントン・日本代表監督

=宮間俊樹撮影

 ◆朴柱奉(パクジュボン)バドミントン・日本代表監督

 <東京五輪まであと549日・パラリンピックまであと581日>

 指導者が大切にしている理念や強化方法などを紹介する「Good Coach 2020への歩み」の3回目は、バドミントン日本代表の朴柱奉(パク・ジュボン)監督(54)。韓国代表の選手時代は「ダブルスの神様」と呼ばれ、五輪や世界選手権で金メダルにも輝いた朴監督は指導者としても経験豊富。2004年に監督に就任し、日本を世界トップレベルへと押し上げた指導法を聞いた。【構成・小林悠太】

 日本で指導する以前に英国とマレーシアでも代表コーチを務めました。大事なのは、それぞれの国の文化を理…

この記事は有料記事です。

残り2425文字(全文2721文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです