メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

GoodCoach・2020への歩み 「マイウエー」7割貫く 朴柱奉 バドミントン・日本代表監督

=宮間俊樹撮影

 ◆朴柱奉(パクジュボン)バドミントン・日本代表監督

 <東京五輪まであと549日・パラリンピックまであと581日>

 指導者が大切にしている理念や強化方法などを紹介する「Good Coach 2020への歩み」の3回目は、バドミントン日本代表の朴柱奉(パク・ジュボン)監督(54)。韓国代表の選手時代は「ダブルスの神様」と呼ばれ、五輪や世界選手権で金メダルにも輝いた朴監督は指導者としても経験豊富。2004年に監督に就任し、日本を世界トップレベルへと押し上げた指導法を聞いた。【構成・小林悠太】

 日本で指導する以前に英国とマレーシアでも代表コーチを務めました。大事なのは、それぞれの国の文化を理…

この記事は有料記事です。

残り2425文字(全文2721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです