メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

「五輪を語ろう」 5年半前の記憶、再び? 「東京」招致疑惑=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致関係者は、13年にシンガポールのコンサルタント会社「ブラックタイディングス社(BT社)」に支払った230万ドル(約2億3000万円)には賄賂など何ら不正はないと主張する。

 招致委員会の元理事長で、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は今月11日に声明文を発表した。フランス司法当局から聴取を受けたことを明らかにした上で、BT社との契約は「コンサルタント契約に基づき正当な対価を支払ったもの」と強調した。

 JOCの調査報告書では、BT社との契約書の内容について、ロビー活動の助言、情報伝達、広報活動などの…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです