メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

トレーラーハウス15台 「合宿所」整備へ250万円 田川のガス協同組合 /福岡

盛り上げ期待

 2020年東京五輪・パラリンピックで田川市が誘致した事前キャンプの合宿所整備に役立ててもらおうと、田川液化石油ガス事業協同組合が22日、市に250万円を寄付した。公営団地にガスを供給する事業の収益から拠出した。市は合宿所を構成する移動式トレーラーハウスの購入費などに充てる。

 田川市では昨夏、車いすフェンシングで独チームのキャンプが決定。ベラルーシのチームなども興味を示しているという。市内に対応でき…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  2. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. WEB CARTOP 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

  5. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです