メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

トレーラーハウス15台 「合宿所」整備へ250万円 田川のガス協同組合 /福岡

盛り上げ期待

 2020年東京五輪・パラリンピックで田川市が誘致した事前キャンプの合宿所整備に役立ててもらおうと、田川液化石油ガス事業協同組合が22日、市に250万円を寄付した。公営団地にガスを供給する事業の収益から拠出した。市は合宿所を構成する移動式トレーラーハウスの購入費などに充てる。

 田川市では昨夏、車いすフェンシングで独チームのキャンプが決定。ベラルーシのチームなども興味を示しているという。市内に対応でき…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです