メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

トレーラーハウス15台 「合宿所」整備へ250万円 田川のガス協同組合 /福岡

盛り上げ期待

 2020年東京五輪・パラリンピックで田川市が誘致した事前キャンプの合宿所整備に役立ててもらおうと、田川液化石油ガス事業協同組合が22日、市に250万円を寄付した。公営団地にガスを供給する事業の収益から拠出した。市は合宿所を構成する移動式トレーラーハウスの購入費などに充てる。

 田川市では昨夏、車いすフェンシングで独チームのキャンプが決定。ベラルーシのチームなども興味を示しているという。市内に対応でき…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです