メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ホストタウン 太田市、選手団受け入れを 在マラウイ大使に協力要請 /群馬

 2020年東京五輪・パラリンピックでマラウイ共和国の「ホストタウン」に名乗りを上げている太田市の清水聖義市長は25日、市役所で在マラウイ日本国大使館の柳沢香枝大使と懇談し、選手団受け入れへの協力を求めた。柳沢大使も、両国の相互理解につながるとして支援に努める考えを伝えた。

 マラウイはアフリカ南東部に位置し、東京で初めて五輪が開かれた1964年に英国から独立した。日本とは青年海外協力隊の活動を通じてつながりが深…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです