メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

北海道の桜を五輪に 雪蔵で枝保管、夏の会場で開花へ /北海道

 2020年東京五輪・パラリンピックの会場に、北海道の桜を開花させる計画が進んでいる。20年春、道内全市町村からつぼみが付いた桜の枝を集め、雪で室温2度前後にした倉庫「雪蔵」に保管。開花を遅らせて東京へ輸送し、夏の五輪会場で咲かせる。自治体などでつくる実行委員会は「昨年9月の胆振東部地震からの復興もアピールしたい」と意気込む。

 美唄市、紋別市、沼田町と道内企業などが昨年11月、「北海道雪氷桜プロジェクト実行委」を設立した。美…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  3. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  4. 銅管楽器作り挑戦 学園祭で親子ら 江津・職能短大 /島根

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです