メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪で豪雨予測の新技術導入へ 地デジ電波で精度高める

ゲリラ豪雨予測に力を発揮するマルチパラメーター・フェーズドアレイ気象レーダー(ドーム型のカバーの下の機器)=情報通信研究機構提供

 ゲリラ豪雨や竜巻が起きるタイミングを短時間で正確に予測しようと、新型気象レーダーや地上デジタル放送(地デジ)の電波を利用して雨のもととなる上空の水蒸気量を推定する実験が首都圏で行われている。この新技術は国立研究開発法人「情報通信研究機構」(東京都小金井市)などが中心となり、産官学で共同開発した。2020年の東京五輪・パラリンピック前の実用化を目指しており、競技運営にも役立てたい考えだ。

 局地的な豪雨が起こるメカニズムはこうだ。上昇気流で高度4~6キロの大気上層に運ばれた水蒸気は冷やさ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです