メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

五輪・パラ輸送計画混迷 首都高値上げ、市民戸惑い

 2020年東京五輪・パラリンピックの成否を握る輸送計画が混迷している。選手や役員、メディアら大会関係者を競技会場などへ円滑に送るための首都高速道路の渋滞緩和策が焦点だ。東京都、大会組織委員会と政府は企業を中心にした利用抑制の効果は限定的と判断し、大会期間中は500~3000円の幅で料金の値上げに踏み切る。国民生活に直結するだけに慎重な議論が求められる。

 6日に開かれた交通輸送技術検討会では首都高を巡る対策で3案が浮上した。まず通常料金に上乗せする「ロ…

この記事は有料記事です。

残り1991文字(全文2220文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

  3. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  4. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  5. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです