メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

アクセシビリティーチェック 辰巳地区編 スロープあれど急傾斜

建設中のオリンピックアクアティクスセンター周辺の車止めを調べる河合純一さん(左)と三宅克己さん。選手らが利用しやすい環境整備が求められている

 2020年東京パラリンピックをきっかけに、施設や周辺環境などのアクセシビリティー(利用しやすさ)の改善を求める声が高まっている。新コーナー「アクセシビリティーチェック」では、日本パラリンピアンズ協会のメンバーらと一緒に東京大会の競技会場周辺などを歩き、バリアフリー環境などの現状に迫る。第1回は水泳会場が集まる辰巳地区(東京都江東区)を視察した。【芳賀竜也】

この記事は有料記事です。

残り1651文字(全文1831文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです