メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

アクセシビリティーチェック 辰巳地区編 スロープあれど急傾斜

建設中のオリンピックアクアティクスセンター周辺の車止めを調べる河合純一さん(左)と三宅克己さん。選手らが利用しやすい環境整備が求められている

 2020年東京パラリンピックをきっかけに、施設や周辺環境などのアクセシビリティー(利用しやすさ)の改善を求める声が高まっている。新コーナー「アクセシビリティーチェック」では、日本パラリンピアンズ協会のメンバーらと一緒に東京大会の競技会場周辺などを歩き、バリアフリー環境などの現状に迫る。第1回は水泳会場が集まる辰巳地区(東京都江東区)を視察した。【芳賀竜也】

この記事は有料記事です。

残り1651文字(全文1831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです