メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

支える2020 千葉市 車いすスポーツの聖地に

千葉ポートアリーナで開催された車いすラグビーの日本選手権には多くの市民らが観戦に訪れた

 千葉市は2020年東京五輪・パラリンピック開催決定前の13年5月から「車いすスポーツの聖地」を目指し、パラスポーツの支援に取り組んでいる。

 活動拠点の「千葉ポートアリーナ」ではスポーツ大会開催に加え、日本代表の強化合宿も実施。18年度は大会が計17日、練習や合宿は計84日も行われた。

 市内には車いすテニスの世界トップ選手である国枝慎吾(ユニクロ)らの競技用車いすを手掛けたメーカーもある。また、地元の淑徳大が車いすバスケットボール大会を運営するなど、市…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです