メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

支える2020 千葉市 車いすスポーツの聖地に

千葉ポートアリーナで開催された車いすラグビーの日本選手権には多くの市民らが観戦に訪れた

 千葉市は2020年東京五輪・パラリンピック開催決定前の13年5月から「車いすスポーツの聖地」を目指し、パラスポーツの支援に取り組んでいる。

 活動拠点の「千葉ポートアリーナ」ではスポーツ大会開催に加え、日本代表の強化合宿も実施。18年度は大会が計17日、練習や合宿は計84日も行われた。

 市内には車いすテニスの世界トップ選手である国枝慎吾(ユニクロ)らの競技用車いすを手掛けたメーカーもある。また、地元の淑徳大が車いすバスケットボール大会を運営するなど、市…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです