メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 水の中の武士=越智貴雄

 2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの競泳日本勢に初めてのメダルをもたらし、自身初のメダル獲得にもなった津川拓也(ANAウイングフェローズ・ヴイ王子)が気になっている。

 津川はリオ大会2日目に競泳男子100メートル背泳ぎ(知的障害)で1分3秒42で銅メダルを獲得した。スタートの瞬間、真っすぐに勢いよく伸びた奇麗なフォームと、最後のタッチの瞬間まで全力で泳ぎ切った姿にひかれた。レース後のインタビューで、背筋をピンと伸ばして誠実に答えている姿も、印象に残っている。津川を知る競泳関係者は、たた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです