メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 水の中の武士=越智貴雄

 2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの競泳日本勢に初めてのメダルをもたらし、自身初のメダル獲得にもなった津川拓也(ANAウイングフェローズ・ヴイ王子)が気になっている。

 津川はリオ大会2日目に競泳男子100メートル背泳ぎ(知的障害)で1分3秒42で銅メダルを獲得した。スタートの瞬間、真っすぐに勢いよく伸びた奇麗なフォームと、最後のタッチの瞬間まで全力で泳ぎ切った姿にひかれた。レース後のインタビューで、背筋をピンと伸ばして誠実に答えている姿も、印象に残っている。津川を知る競泳関係者は、たた…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです