メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

開閉会式予算130億円 計画具体化で増加

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、東京都内で理事会を開き、開閉会式の予算の上限額を招致段階の91億円から130億円に引き上げることを決めた。演出内容が具体化して事業費を概算したところ超過が見込まれた。超過分は調整費などを充て、大会経費の総額1兆3500億円は超えないとしている。

 組織委によると、12年ロンドン大会の費用は約160億円。16年…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです