メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク 迫られる構造改革 不祥事招く勝利至上主義=友添秀則

 2013年にスポーツ界で不祥事が相次いだことを受け、当時の下村博文文部科学相は「日本のスポーツ史上最大の危機」と異例の声明を発表しました。部活動の指導者から体罰を受けた男子高校生の自殺や柔道女子の代表監督による暴力行為などが発覚したことを受けての措置でした。

 しかし、皮肉な言い方ですが本当の危機はさらに後にきました。いや、もっと先にあるのかもしれない。そう思えるほど昨年はスポーツ界の不祥事が絶えませんでした。

 象徴的だったのが選手への補助金の不正流用が明らかになった日本ボクシング連盟でした。「終身会長」への…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです