メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク 迫られる構造改革 不祥事招く勝利至上主義=友添秀則

 2013年にスポーツ界で不祥事が相次いだことを受け、当時の下村博文文部科学相は「日本のスポーツ史上最大の危機」と異例の声明を発表しました。部活動の指導者から体罰を受けた男子高校生の自殺や柔道女子の代表監督による暴力行為などが発覚したことを受けての措置でした。

 しかし、皮肉な言い方ですが本当の危機はさらに後にきました。いや、もっと先にあるのかもしれない。そう思えるほど昨年はスポーツ界の不祥事が絶えませんでした。

 象徴的だったのが選手への補助金の不正流用が明らかになった日本ボクシング連盟でした。「終身会長」への…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1073文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです