メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チェック

日本代表、選手村入らない? サポート重視、五輪拠点のトレセンで調整

五輪を目指すトップ選手が強化に励む「味の素ナショナルトレーニングセンター」=東京都北区西が丘で2013年9月12日

 2020年東京五輪期間中、日本代表のメダル有力選手の多くは東京都中央区に建設中の選手村に入らず、強化施設「味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)」(北区)を拠点とする方向で調整している。世界3位想定で、日本勢過去最多の金メダル30個獲得に向け、地の利を生かす。ただ収容数に限界があり、競技団体間の調整は難航が予想される。選手村での国際交流の重要性を説く専門家もいる。【小林悠太】

 NTCは柔道や体操など14競技の専用競技場と宿泊、食事の施設を併せ持つ。隣接して国立スポーツ科学セ…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1095文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ORICON NEWS [コミケ96]盗撮にセクハラ…コスプレイヤーとカメコ間のトラブルとは? 対処法を弁護士に聞く

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです