メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

開幕まで1年半 共生への契機に 国際パラリンピック委員会 クレイグ・スペンス広報部長

 2020年東京パラリンピックの開幕まで25日で1年半となるのを前に、国際パラリンピック委員会(IPC)のクレイグ・スペンス広報部長(40)が毎日新聞のインタビューに応じた。スペンス氏は「アクセシビリティー(利用しやすさ)という観点で街を見ると、東京はファーストクラス」と評価する一方、「(利用しやすい)ホテルはまだ足りない」と課題も指摘した。【芳賀竜也】

 スペンス氏が広報部長として関わった12年ロンドン大会は約280万枚のチケットが完売し、「史上最も成…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです