メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

マラソン代表選考会、9月開催 男女44人出場権獲得

大迫傑

 マラソンの2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を懸けた国内主要大会「MGCシリーズ」は10日、男子のびわ湖毎日マラソンと女子の名古屋ウィメンズマラソンで終了し、男子は計30人、女子は計14人がMGC出場権を獲得した。MGCは9月15日、東京五輪とほぼ同じコースで行われる。

 男子は昨年10月に2時間5分50秒の日本記録を出した大迫傑(すぐる)(ナイキ)、前日本記録保持者の…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1220文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  5. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです