メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕500日前 50種類、躍動の絵文字 競技細分化、64年の2.5倍

2020年東京五輪 競技別ピクトグラム

 2020年東京五輪の開幕まで500日となった12日、大会組織委員会は五輪の実施競技を表す50種類のピクトグラム(絵文字)を公表した。初めて五輪で使用された1964年東京五輪当時のシンプルなデザインを継承しつつ、選手の躍動感を表現した。

 ピクトグラムは、海外からの来場者を想定し、言葉が分からなくても困らないように気配りする日本流の「おもてなし」の一つで、トイレなど施設を示すものは東京五輪をきっかけに世界中に広がった。

 64年の東京五輪では20種類だったが、今回は全33競技で50種類と2・5倍に増加。自転車のロード、…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです