メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対談

パラ自転車で感じる風 自民党前総裁 谷垣禎一さん×パラ自転車・ロード世界選手権覇者 杉浦佳子さん

自転車の魅力や障害による心境の変化などを語り合った谷垣さん(左)と杉浦さん=和田大典撮影

 自転車事故で頸髄(けいずい)を損傷して政界を引退した自民党前総裁の谷垣禎一さん(74)と、パラスポーツの自転車競技で昨年のロード世界選手権(イタリア)を制した杉浦(旧姓・野口)佳子(けいこ)さん(48)=楽天ソシオビジネス=がこのほど対談した。3年前の同時期に自転車事故で負傷した2人は、競技への思いや障害による心境の変化、2020年東京パラリンピックへ向けた目標や期待などを語り合った。【構成・山口一朗】

この記事は有料記事です。

残り3485文字(全文3689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです