メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

/2 「心の支援」に福島賛同

 東日本大震災発生から3カ月が経過したばかりの2011年6月末。福島県の佐藤雄平知事(当時)は発生以来、常に着用していた薄茶色の作業着姿のまま、県庁の知事室で日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を待っていた。

 20年夏季五輪・パラリンピック開催の立候補表明が間近に迫り、JOCとして福島、岩手、宮城の被災3県に協力を要請するためだった。竹田氏は「復興のシンボル」としてサッカーなどの競技を福島で実施したい考えを示したが、佐藤氏の胸中は複雑だった。「災害の真っただ中、五輪の話はあまりにも唐突感があった」という。

 佐藤氏は災害対策本部長として陣頭指揮を執り、不眠不休だった。震災発生後、初めて県庁舎を離れたのは3…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです