メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment・復興五輪の実像

/3 水上会場移転、綱引き

村井嘉浩宮城県知事(手前左)の案内で、長沼ボート場を視察する小池百合子東京都知事(同右)=宮城県登米市で2016年10月15日(代表撮影)

 東京五輪開幕まで500日となった12日、大会組織委員会の機運醸成のイベントは、これまでの節目と比べ、華美な演出は控えめだった。東日本大震災発生から8年を迎えた翌日のためだ。組織委の森喜朗会長は「お祭りの準備は進むが、復興はまだ道半ば。浮かれるだけでなく、被災者の気持ちを大切に進まなければならない。絶えず『あなたたちとともに』と言い続けるしかない」と語った。

 組織委は2017年に決まった野球・ソフトボールの実施に始まり、聖火リレーの出発地の選定、被災3県を…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1176文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです