メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

/3 水上会場移転、綱引き

村井嘉浩宮城県知事(手前左)の案内で、長沼ボート場を視察する小池百合子東京都知事(同右)=宮城県登米市で2016年10月15日(代表撮影)

 東京五輪開幕まで500日となった12日、大会組織委員会の機運醸成のイベントは、これまでの節目と比べ、華美な演出は控えめだった。東日本大震災発生から8年を迎えた翌日のためだ。組織委の森喜朗会長は「お祭りの準備は進むが、復興はまだ道半ば。浮かれるだけでなく、被災者の気持ちを大切に進まなければならない。絶えず『あなたたちとともに』と言い続けるしかない」と語った。

 組織委は2017年に決まった野球・ソフトボールの実施に始まり、聖火リレーの出発地の選定、被災3県を…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1176文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです