メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳の萩野、日本選手権欠場発表 「今は競技に向き合える気持ちではない」

2018年の日本選手権、男子400メートル自由形決勝で2位だった萩野公介=東京辰巳国際水泳場で、梅村直承撮影

 2016年リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリストで、不振が続いていた萩野公介選手(24)=ブリヂストン=が、世界選手権(7月・韓国)代表選考会を兼ねた4月の日本選手権を欠場することになった。所属マネジメント会社が15日、明らかにした。萩野選手は「今は競技に正面から向き合える気持ちではないことを受け入れ、今回の決断に至りました」とコメントした。

 日本水泳連盟は、世界選手権で金メダルを獲得した選手が20年東京五輪代表に内定するとしている。萩野選手は今季の日本代表入りの可能性が事実上なくなり、東京五輪に出場するためには来春の日本選手権で派遣標準記録を突破して2位以内に入る必要がある。

 萩野選手は2月のコナミオープンに出場したが、体調不良を訴え決勝種目を棄権。その後はスペインでの高地合宿に参加せず国内で調整していたが、「理想と現実の結果の差が少しずつ自分のなかで開いていった」として、日本選手権の欠場を決めたという。【村上正】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  5. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです