メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竹田JOC会長の退任不可避 招致疑惑をIOCが懸念

JOCの竹田恒和会長=宮間俊樹撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑で、フランス司法当局から贈賄容疑で捜査を受けている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)の退任が避けられない情勢となった。複数の大会関係者が明らかにした。当初は6月の任期満了後も会長を務めて東京五輪を迎えることが確実だったが、国際オリンピック委員会(IOC)が五輪のイメージダウンを懸念し、退任論が加速。大会関係者からは「(任期満了の)6月になるか、その前か」と退任時期に言及する声も上がっている。

 竹田氏は01年に会長に就任し、現在10期目。会長の任期は2年で、6月の評議員会と7月の理事会で改選…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 1100万年前の天体衝突の痕跡発見 生物大量絶滅の原因か 南鳥島沖深海底で

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 独ワイツゼッカー元大統領の息子、講演中に刺殺 男を逮捕 動機不明

  5. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです