メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment・復興五輪の実像

/4 IOC算段、被災地と離れ

東京五輪で野球・ソフトボール会場となる福島県営あづま球場の視察に訪れ、球児らと交流する国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長(中央)と安倍晋三首相(後方中央)=福島市で2018年11月24日、代表撮影

 東京五輪まで20カ月の昨年11月24日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(65)は野球・ソフトボール会場となる福島県営あづま球場にいた。東日本大震災を乗り越えて野球を続ける球児らと交流し、安倍晋三首相と会談して胸を張った。「心の復興にスポーツが大きな役割を果たしている」。世界へ「復興五輪」が発信された。

 バッハ会長は「復興五輪」を強調してこなかった。安倍首相が招致の最終演説で、福島第1原発事故による汚…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1077文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです