メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment・復興五輪の実像

/5止 被災者から応援者へ

 「オリンピックのお兄ちゃん」と呼ばれた男性が五輪のメダルを手渡すと、避難所生活が続いていた子どもたちは、目を輝かせた。

 東日本大震災から2週間後、1992年アルベールビル冬季五輪のスピードスケートで銅メダルを獲得した宮部行範(ゆきのり)さん(故人)は岩手県大船渡市の避難所を訪れた。日本オリンピック委員会(JOC)の職員としてイベントに参加。エコノミークラス症候群などの予防を兼ねて一緒に体を動かした後、持参した五輪のメダルに触れてもらった。「子どもたちが笑顔になって良かった」。宮部さんは、そう喜んでいたという。

 その後、体調を崩した宮部さんは2017年に48歳で亡くなったが、こうした草の根活動は被災地をスポー…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです