メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

事前キャンプ 紛争で困窮の南スーダン、前橋市に「お任せを」

前橋市の支援に感謝の気持ちを述べるJICA南スーダン事務所長の友成晋也さん。「南スーダンの人たちの運動の能力は高く、活躍を期待できる」と話した=前橋市役所で、鈴木敦子撮影

受け入れ1年間「ふるさと納税」活用

 アフリカ東部に位置する南スーダンの選手団が、2020年東京五輪・パラリンピック出場へ向け、今年9月から前橋市で約1年間にわたり事前キャンプをすることになった。60年以上前から断続的に続いた紛争の影響で練習施設すらなく、困り果てていたところ、国際協力機構(JICA)が日本国内で受け入れ先を探し、前橋市が手を挙げた。市は資金2000万円について、来月1日から募る「ふるさと納税」でまかなう考えだ。【鈴木敦子】

 南スーダンの選手団は、五輪選手3人とパラリンピック選手1人、コーチ1人の計5人。陸上競技に出場する…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです