メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

県が「都市ボランティア」募集 震災伝える語り部枠も /宮城

 県は4月8日から5月末にかけて、2020年東京五輪・パラリンピックで来県する観客に交通や観光案内をする「都市ボランティア」を約1300人募集する。東日本大震災の経験や復興の様子を伝える語り部枠を90人分設け、被災地への関心を高める。

 ボランティア期間は20年7月18日から8月4日までで、活動は1日5時間程度。語り部ボランティアは仙台空港やJR仙台駅に設けたブースで、復興…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです