メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

招致疑惑 五輪の「顔」無念の退場 竹田JOC会長「世間騒がせた」

 五輪を招致したトップが、本番を翌年に控えて表舞台を去った。日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)は19日、任期満了となる6月での会長退任を表明。2020年東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑を拭えず、長期政権によるガバナンス(組織の統治)不全を露呈した。

 「東京大会を控え、世間を騒がしていることを心苦しく思っている。申し訳ない」。東京都内で開かれたJOC理事会で、竹田氏は約20人の理事らを前に硬い表情で切り出した。「20年へのリーダーシップをとるのが当然ではないか」などと退任に異議を唱える声は少数にとどまり、流れは変わらなかった。

 竹田氏は明治天皇のひ孫にあたり、「プリンス・タケダ」と呼ばれた父の故恒徳氏の時代に皇籍を離脱するま…

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1131文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです