メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

招致疑惑 五輪の「顔」無念の退場 竹田JOC会長「世間騒がせた」

 五輪を招致したトップが、本番を翌年に控えて表舞台を去った。日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)は19日、任期満了となる6月での会長退任を表明。2020年東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑を拭えず、長期政権によるガバナンス(組織の統治)不全を露呈した。

 「東京大会を控え、世間を騒がしていることを心苦しく思っている。申し訳ない」。東京都内で開かれたJOC理事会で、竹田氏は約20人の理事らを前に硬い表情で切り出した。「20年へのリーダーシップをとるのが当然ではないか」などと退任に異議を唱える声は少数にとどまり、流れは変わらなかった。

 竹田氏は明治天皇のひ孫にあたり、「プリンス・タケダ」と呼ばれた父の故恒徳氏の時代に皇籍を離脱するま…

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1131文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです