メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

強化費、バドミントンSランク スポーツ庁発表へ

 2020年東京五輪で史上最多の金メダル30個獲得へ向け、スポーツ庁は19、20年度に強化費を重点配分する最上位の「Sランク」5競技と、それに次ぐ「Aランク」10競技を決めた。Sはお家芸の柔道、レスリング、体操に加え、強化著しいバドミントンと日本発祥で東京五輪で初採用される空手が入った。鈴木大地長官が月内にも発表する。

 22日に日本オリンピック委員会など関係団体のトップが集まり、近年の競技成績などを踏まえて決めた。来…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです