メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

64年東京五輪の跳馬が帰京 「新山下跳び」で金、松田さん母校へ

1964年東京五輪の跳馬で「新山下跳び」を披露する松田(旧姓・山下)治広さん

 2020年の東京五輪・パラリンピックまできょうであと485日だが、1964年東京五輪の体操競技で使用された跳馬の器具が、岐阜県郡上市に現存していた。器具は近く、64年東京五輪の跳馬種目で金メダルを取った松田(旧姓・山下)治広(はるひろ)さん(80)の要望により、母校の日本体育大(東京都世田谷区)に寄贈される。

 跳馬器具を保管していたのは、郡上八幡体操クラブ(郡上市八幡町五町)。代表の森田喜芳(きよし)さん(…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文943文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです