メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
バスケットボール

男子、44年ぶり五輪 女子、2大会連続

バスケットの東京五輪出場が決まり、笑顔を見せる(左から)日本協会の大河正明副会長、大神雄子アンバサダー、女子日本代表の高田真希

 国際バスケットボール連盟は30日、コートジボワールで理事会を開き、2020年東京五輪で男女とも日本に開催国枠を与えると決めた。5人制男子は1976年モントリオール大会以来、44年ぶり7度目の五輪切符を獲得。女子は2大会連続5度目の出場となる。新種目の3人制は男女とも開催国枠が内定し、国際オリンピック委員会(IOC)の承認を経て正式に決まる。

 国内では05年に男子のトップリーグが分裂し、日本代表の強化が進まない時期が続いた。14年には当時の…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文682文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです