メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JOC

会長後任に山下氏確実 外部登用など検討 執行部人事

 6月の任期満了で退任する日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)の後任として、柔道五輪金メダリストでJOC選手強化本部長の山下泰裕氏(61)の就任が確実な情勢となった。2020年東京五輪に向け、JOC内では山下氏に候補を一本化した。複数の関係者が5日、明らかにした。

     JOCは9日を皮切りに役員候補者選考委員会を数回開いた後、6月27日の評議員会で新理事・監事を選出し、7月4日の理事会で新会長を互選で決める。会長候補は山下氏以外に名前は挙がっておらず、山下氏に近い関係者は「会長に推されて山下氏が断ることはない」と明言した。

     また、山下氏を支える専務理事は外部からの登用が検討されており、元官僚の名前が候補に挙がっている。竹田体制を支えた執行部は刷新される情勢となった。

     山下氏は5日夜、全日本選抜体重別選手権の開幕を翌日に控えた福岡市内で取材に応じ「何も決まっていないので答えられることはない」と語った。

     東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑で、フランス司法当局から贈賄容疑で捜査を受けている竹田氏は先月19日に退任を表明していた。【松本晃、小林悠太】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです