メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

セーリング会場、津波避難は困難 想定地震8分で浸水

2020年東京五輪セーリング競技会場における津波到達シミュレーション

 2020年東京五輪でセーリング競技が開かれる神奈川県藤沢市江の島の「湘南港」は大地震に伴う津波発生時、避難が困難なエリアであることが判明した。毎日新聞が情報公開請求で入手したシミュレーションデータによると、競技中に想定地震が発生した場合、約90秒後に津波が選手やスタッフの所在する場所に到達し、約6~8分後には観客の立ち入り想定区域も浸水する。20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は「避難は可能」とするが、専門家は困難さを指摘し「観客らにリスクを周知すべきだ」と指摘する。(29面に組織委との一問一答)

 データは、神奈川県が通常の防災対策として民間企業に委嘱して作成。震源などが異なる九つの地震に関する…

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1219文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです