メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

パラマラソン、五輪と同コース

東京パラリンピックのマラソンコースをPRする(左から)大会組織委員会の室伏広治スポーツディレクター、車いすマラソン選手の西田宗城、日本パラ陸上競技連盟の増田明美会長=東京都港区で8日

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、パラリンピックの男女マラソンコースを発表した。主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)を発着点とする42・195キロで、東京五輪と同じコースで争われる。大会組織委によると、五輪と同じコースを使用するのは、08年北京大会以来となる。

 マラソンは視覚障害T12の男女、上肢障害T46の男子、車いすT54の男女の計5クラスあり、最終日の9月6日午前7時から時間差でスタートする…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです