メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

レガシーの創造者たち/1 介助犬、チームの一員 カヌー・我妻進之とグレープ

東京パラリンピック出場を目指す我妻進之と介助犬のグレープ

 2020年東京パラリンピックは、第1回ローマ大会から60年となる節目の大会だ。その歴史は「共生社会」の実現を目指してきた関係者の歩みと重なる。レガシー(遺産)を踏まえ、バリアーのない社会の構築に挑む人々の姿を追った。【高橋秀明】

 杜(もり)の都・仙台を流れる広瀬川。2月半ばで河川敷に寒風が吹きすさぶ中、カヌーでパラリンピック日本代表を目指す我妻進之(わがつま・のぶゆき、48)は岸辺まで車いすで進んだ。

 長女の柊季(ひいらぎ)さん(13)がカヌーの持ち運びを手伝い、妻彰子さん(50)は氷水のように冷た…

この記事は有料記事です。

残り1514文字(全文1767文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです