メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 笑顔輝く、カヌー・瀬立=越智貴雄

胸から下はまひしているが、腕回りの筋肉は大きく膨れ上がり、まるでよろいを着ているかのようだ=写真家・越智貴雄さん撮影

 毎年必ず冬に撮影させてもらっているのが、パラカヌーの瀬立(せりゅう)モニカ。今冬は練習の拠点を、地元東京から暖かい沖縄に移していた。瀬立は2020年東京パラリンピックを終えるまで在籍中の筑波大を休学して、すべての時間を競技にあてるという。そんな覚悟を決めて競技に向き合う瀬立を見たくて、沖縄へ飛んだ。

 瀬立の周りには絶えず人が集まり、会う人会う人がいつの間にか笑顔になり、彼女のファンになっていく。今…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです