メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

来日関係者、6カ月の在留資格

 来年の東京五輪・パラリンピックの準備や運営を円滑に進めてもらうため、法務省は、長期の日本滞在が必要になる海外の大会関係者らに「特定活動」の在留資格を与える方針を決めた。大会の前後1年程度の活用を見込み、期間は6カ月を想定。6月中旬から交付申請の受け付けを開始する。

 法務省はこれまで、スポーツの国際大会な…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文265文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  4. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決
  5. 質問なるほドリ クールビズ、効果出てる? CO2を169万トン削減、体感温度も2度低く=回答・大場あい

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです